将来的にも仕事が失われることがない不動産業界

将来性の高い業界は色々ありますが、不動産業界もその中の一つではないでしょうか。
不動産は、一度作ってしまえば、五十年ほどは使い続けるものです。
最近は建物の寿命も伸ばせるので、鉄筋コンクリート造りのものなら、百年でも使い続けることができます。
これだけ長寿命なものを取り扱う仕事ですから、必然的にその仕事まで長寿命になるというわけです。
このあたりは、証券業界や保険業界とも通ずるものがあります。
ですから、将来性は高いというわけです。
確かにこれからは少子化が進んで、空き家は多くなってくることでしょう。
日本の不動産事情は、芳しくなくなることは確かです。
ただし、不動産会社が相手にするのは、主に人気物件だけであって、空き家の問題は業界の将来性とはあまり関係がありません。
逆にむしろ、都市部の人気物件の価格は上がっていく可能性が高いです。
立地というのは商売には本当に重要なファクターですから、そこを無視することができる時代は、そうは簡単に来ません。